カードローンで仮想通貨投資ブログ

すさまじい盛り上がりを見せる仮想通貨にカードローンで借金をし全て投資した人の実践記です

カードローンで仮想通貨を購入するまでの話① 〜はじまりはリップル(XRP)〜

 

「ripple(リップル)っていう仮想通貨がこれから超上がるから買っといた方がいいよ」という話を少し前に友人から聞いたが、スルーしていた。

 

 

仮想通貨という物がなんなのかもよくわかっていなかったし、唯一名前を聞いたことがあった「ビットコイン(BTC)」の価格を調べてみると1BTC=14万円というとんでもない額が出てきたので、「これもう今さら参入しても仕方ないやつだ」とさらに思った。

 

その時、ついでに友人がやたら押していたRippelのXRPという通貨を見て見たら2円だった。

初めて仮想通貨の価格を見た感想は「なんかよくわからん」だった。

 

しかし、その後すぐに、その友人以外の数人からも度々、仮想通貨とrippleの話を聞くようになった。

その中の1人にシステムエンジニアをやってる奴がいて、「ブロックチェーン」というシステムや「仮想通貨(暗号通貨)」について技術面をすごく簡単に(浅く)だけど、わかりやすく説明してくれて、それがきっかけでだんだん興味が出て来た。

とりあえず友人が利用しているという「コインチェック」という仮想通貨取引所のアプリをダウンロードしてみた。

 

それからは忙しく、合間合間にネットで仮想通貨(主にリップル)の情報を調べながら何日かたった。

「はっきりは理解してないけど面白そうだし、とにかく儲かったらいいなぁ」と下心満タンになったところ久しぶりにコインチェックを開いてみる。

前に見た時は2円程度だったripple(XRP)が気付けば5円になっている。

「えっあの時買っておけば2.5倍?」

と頭の中が軽くパニックに。

機会損失した後悔と、「これマジで儲かるやつだ」というワクワクで目を$マークにしてすぐにXRPを購入!!…しようとしたんだけど…

コインチェックにアカウント登録していなかった。

これがマジで痛い。

アカウント登録をしていないと仮想通貨の売買ができないんだけれど、登録するためには本人確認(免許と自分の顔をアドレスに添付して送信)が必要で、それに1〜2日かかるというのだ。

急いで基本情報登録と本人確認申請を送信したが、みるみるうちにXRPの価格は8円。知った時からすでに4倍

XRPがドンドン上がって行くのを見ながら待つこの時間は地獄だった。

そして本人確認が取れた時にはすでにXRPは10円になっていた。悔しい。

悔しいけれど、まだまだ上がると思った。

「ネットで色んな情報を見たけど、仮想通貨全体まだまだ大きく上がるという意見が大多数だ。なんでも今年は仮想通貨元年と言われているらしい。投資のド素人の僕がギリギリ先駆者組に入れて、高確率で稼げるチャンスなんてここを逃したらもう無いんじゃないか。」という考えから、「無理してでも大きく投資したろ」という結論にすぐに至った。

 

ということで、コンビニATMで預金残高の全てである10万円(恥ずかしい)を下ろし、間髪入れずにクレジットカードを「三井住友銀行カードローン」のカードに変え、もう20万円下ろした。

そしてなんとかXRPが9円台に下がった瞬間に合計の30万円分を購入。手数料を引かれたが、「30000XRP」をゲット。

 

f:id:bitcoin-altcoin:20170712121044p:plain

 

翌日には11〜12円になった。

「まだまだ行きますね〜」と無邪気にはしゃいだ僕は、カードローンで15万を下ろし「13000XRP」を購入。

「システムとか全然わかんないけどリップル最高ー!!」と叫んでいた。

 

続く。

カードローンで仮想通貨を購入するまでの話② 〜NEM(XEM)も買ったよ〜 - カードローンで仮想通貨投資ブログ

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin